2021年2月8日月曜日

住宅地でミッドセンチュリー感を出す

今回のおうちの住人は4人。ご夫婦と幼児2人。

家づくりを考え始めた彼らがあちこちモデルハウスをはしごし始めた頃。ちょうどミッドセンチュリーハウスのモデルハウスが出来ました。オープンハウスにお越しいただき、、見たら最後。

アレを見ちゃったら、、もう。アレしか考えられない。と、ミッドセンチュリーの家にロックオン!となったそうです。

もともとパームスプリングスで家具を購入いただいていますので、そりゃそうですよね。


がしかし、自分たちの生活圏内で平屋を建てられるほどの広さの土地となかなか出会えず、約2年が経ち、、候補になった土地は名古屋市内の約40坪で三方を住宅に囲まれた土地。

ここでなんとか。。と、ご相談いただきました。


まずは現地調査。うわさには聞いていましたが、その通り。周囲の視線が気になる立地です。間口約8m、古家もあり、木が生い茂っていて土地の全容が全く分かりませーん(苦笑


ここにノイトラVDLリサーチハウスに習って、外や空を感じられる開放感のある気持ちのいい空間を考えます。

・外壁に岩壁

・家の中心に視線の抜ける階段

・連続した上窓

・突板の壁

・効果的なミラー

・機能的なキッチン

・同時に家具の配置やイメージを浮かべつつ

設計士の高橋さんと話し合いをして、まとめていただいた初回間取りがすでにとても素敵にできました。

次回、間取り大公開します!!

すでに開放感のあるミッドセンチュリーな2階建てのおうちが見えてきました!


  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2021年1月10日日曜日

2階建てのミッドセンチュリーハウス始まります

平屋推しのミッドセンチュリーハウスですが、2階建てが現実的という立地のほうが

世の中的には多いですよね。

今回のお家は2階建てで叶えるミッドセンチュリーモダンのお家です。


さて、タイトルのノイトラとは1920年代~60年代まで活躍した建築家、

リチャード・ノイトラのこと。

(ご参考にコチラ↓)

INTERNATIONAL STYLE - モダンな家づくりならMID CENTURY HOUSE


ノイトラの設計した住宅は数多く現存していて、数年前私たちもロサンゼルスの

VDLリサーチハウスを見学しに行きました。

(ご参考にコチラも↓)

ヴィンテージ家具屋のミッドセンチュリーハウス再現ブログ: (15)アメリカ西海岸ミッドセンチュリーハウス見学ツアー vol.4 (midcentury--house.blogspot.com)


80年も前に設計されたとは思えないほどモダンで、素敵で、快適。




車も丸っこいフォルムだった80年前に、これほど直線的でシンプルな住宅は

当時どのように映ったのでしょうか。

現代でもちっとも色褪せない、このノイトラの住宅を見習ってシンプルで

優しい2階建てのお家を目指します。


アイクラーホームともバタフライルーフともまた違ったノイトラのお家。

ミッドセンチュリーのお家はどうしてこんなにワクワクするのか。

とっても楽しみです!


  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111