2021年9月9日木曜日

ウェブ内覧会 Vol.1

ミッドセンチュリーハウス4件目の新築が完成いたしました!

ロサンゼルスに建つ、リチャード・ノイトラのVDLリサーチハウスを参考にした2階建てのお家は、ヴィンテージ家具の似合う素敵なお家になりました。


それでは、WEB内覧会へようこそ。

連続した窓が並ぶすっきりとした外観に、1階部分は自然を感じられる岩壁になっています。

まだ植栽がありませんが、岩壁と重なるようにグリーンが入る予定。

そして夜は植栽と共にライトアップされます。(後日写真が取れたら更新しますね)

岩壁になっているのにスッキリして見えるのは、縦のラインができるように貼ったから。ノイトラらしさは、こんなちょっとした違いで感じられます。

さて玄関に回りましょう。階段を上がって数歩。白いアプローチ上部には縦筋の空への抜けが感じられる仕掛けがあります。
そして、白いシンプルな玄関を開けると突板の壁が現れます。普通土間があると思いますがアプローチが土間の役割なのでこちらはマットを敷くタイプの玄関になります。

「家具からはじめる家づくり」はすでに玄関から始まっています。下駄箱としてブラジリアのサイドボードと、マジェスティックランプでお出迎え。
マジェスティックは玄関横のガラス越しに常に外からも楽しめます。

玄関はリビングとも繋がっていて常に見える(見せる)エリアになります。


さ、リビングに移りましょう。
空と視線が繋がる高窓(右)や中庭に繋がるリブ壁(奥)の視覚効果は絶大で、約9畳のリビングとは思えない抜けを感じます。どこに座っても家を眺められる間取りになっていて、居心地が良い空間です。

要所にバランスよく配置された照明もヴィンテージ。シーンに応じて着け替えできるようにプランしており、より素敵な夜の空間を演出できます。

横長の高窓は室内で得られる空そのもの。

上下からの光の筋が楽しめます。

視線を少し左に向けると向こう側が透けて見える中庭と階段があります。

ミッドセンチュリーモダンの特徴の「中と外があいまいな空間」は、リビングの壁から途ぎれることのない壁で作り上げました。

階段の左側はダイニングエリアです。イームズのセットでまとめられた男前な空間になりました。

ん?テーブルが2つに見えますかね。実はダイニングの一面は全面ミラーにしました。ノイトラのVDLリサーチハウスでも多用されているミラー。映り込みを計算したノイトラの工夫がよく分かります。

広さや視線の抜けを感じさせるのは勿論、

グリーンを映せば倍増しますし、

灯りも倍増させられます。

階段がこんな風に見えたり。顔を半分映せば面白いことになって、家族で爆笑も目に浮かびます。

ダイニングエリアはくぼんだ形をしていて、正面に中庭と階段を眺められます。ここは座ってみないと判らないのですが、3方向が壁なのでとっても落ち着きます。

家の中心にある階段は、ノイトラVDLリサーチハウスの階段そのもの。つり橋のような(揺れはしませんよ)絵になる階段です。


施主様にご協力いただいたオープンハウスには、多くの方にお越しいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

盛りだくさんな内覧会はまだまだ続きます。お楽しみに!


  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2021年7月16日金曜日

(告知)オープンハウス 見学会のご案内 /    ノイトラに見習うべき視覚効果 



オープンハウス開催決定しました!
-----------------------------


[オープンハウス日程]
・日程 8月21日(土)、22日(日)
・時間(各日)10-11時、11-12時、13-14時、14-15時
※近辺の平日がご希望の方はご相談ください

[場所]
愛知県名古屋市港区
土地約42.5坪
床面積30.5坪

[設備]
造作キッチン
造作洗面
GE冷蔵庫・GEガスレンジ・ディスポーザー・GE食洗器付き
ビンテージ家具・照明付き


オープンハウスは予約制となりますので、
下記情報をメールにてご連絡下さい。
 [お客様情報]
  お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス
 
[ご希望日程]
・第1希望・第2希望の日時
・訪問人数(大人、子供の数それぞれ)
・新築、リノベーションのご予定の有無
   (予定がなくてももちろんokです、売込みもしませんのでご安心を)
  ・ご訪問の理由やメッセージもお願いいたします!


追って、ご予約日時と場所の詳細をご返信させていただきます。




-----------さて今回のブログは----------------

今回はミッドセンチュリーのお家を見習うスタイルで挑んでいます。
参考にしているノイトラVDLリサーチハウスは特に視覚効果が感じられるお家です。
現地で感じた空間のつながりや視線の抜けをそれぞれの見ていきましょう。

・家に入るまでに気持ちがリセットできるアプローチ


・外からの視線を回避しつつ室内へ光を届ける、窓の配置
リビングのハイサイドライト(高窓)

2Fベッドルームのハイサイドライト


・中外をあいまいにさせる、中庭に面するガラス面
キッチンからリビングまで通り抜けできます

壁がサッシを挟んで繋がっています


・家の中心に視線の抜ける、つり橋のような階段



・景色を取り込む、効果的なミラー
どこがミラーだか分かりますか?



・家事動線が考えられた機能的なキッチン
このあと家電も揃います

隙間収納も完備

仮押さえ中


・有機物が視覚に入ることで安心感を得られる、外壁の岩壁
縦筋をつくるのに苦労しました


・大きな木のような突板の壁
角の収め(留め)がみどころ


・セントラル風の吹き出し口



いよいよ現場は終盤で「家具からはじめる家づくり」真骨頂の家具・照明・家電の搬入間近です!

2階建てのミッドセンチュリーモダンハウス。ぜひオープンハウスにお越しください!



  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2021年6月22日火曜日

現場ブログ 断熱~内装

 現場は大工さんを中心に、専門のプロが出たり入ったり、着々と進んでいきます。ミッドセンチュリーハウスとしては4件目の物件ですので、現場の工程にも慣れてきました。

上棟から2か月ほど経ち内装まで進んでいますが、少しさかのぼって断熱の様子を。

外と接している壁という壁にみっちりもこもこが付きます。こりゃ、少しのエネルギーで暖かさや涼しさをキープしてくれますわ。




そして、こちらはユニットバス。お風呂って、オールインワンのプラ製のボックスの中に入っているんですよね。

防水性は抜群ですが、、、なんだか滑稽だなぁ。

実はユニットバスの外側はこんな感じなんです

で、数週間経って・・・現場に行くと。

階段が付いていた!り、

鉄骨階段です

内装の壁材が貼られていたり、

名付けて山新リブ

今回の突板の壁は角がある3面の突板仕上げ。角の収めは45°にカットしてピッタリ収めていただきます。

45°+45°=90°

ピタッと!

少し早めに完成しそうなので、オープンハウスの告知は次回あたりにできそうかな。



  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2021年5月26日水曜日

もちろんビンテージ家具は想定済み

 ミッドセンチュリーハウスのコンセプトは大きく2つあります。

・アメリカの1950年代頃に建てられたモダンなお家の特長を参考にしたお家を建てる

・「家具からはじめる家づくり」と題して、家具・照明を間取りの段階から想定してプランする


特に、家具・照明を最初からプランに入れ込むことで、家具とのバランスが非常によい空間になりますので、ビンテージ家具屋のパームスプリングスとしての押しは「家具からはじめる家づくり」です。


家の予算と共に、まずは家具の予算も決めます。これがとっても重要なポイントとなります。

あとはお客様から先にこのテーブルやらソファ、サイドボードを置きたい。と言ってくださる場合もあったり、こちらから配置も含めておすすめさせていただいたり、、ビンテージ家具を優先して空間を広げて、壁の素材を考えたりしていきます。


さて、こちらノイトラのお家に置くビンテージ家具・照明を一部ご紹介します!

お出迎えはブラジリアシリーズ

大きなミラーへの映り込みも考えて

壁のスイッチと連動させます

見上げればここも素敵な照明

背面の壁との相性を考えたサイドボード

木板の壁にはキラリとゴールドを効かせます

どこに付けるかはお楽しみ!

写真にはありませんが、エイドリアン・ピアソールのソファも設置予定です!
照明は家の完成の少し前に入りますが、家具は完成してからなので、まだまだ先。
みんな揃うのが待ち遠しいです!


  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2021年5月8日土曜日

現場ブログ 基礎~上棟

 打合せを進めながら、現場は先日上棟を迎えました。

元々あった古家の解体が終わり、この日は地鎮祭でした。

無事工事が終わりますよう神様にお願いします

基礎も順調に進み配筋の検査もクリア。



そして、、上棟当日!晴れ女(奥様)のチカラで夜明け前に雨がやみました!


フライングコンパネ

(わからんけど)ここはキッチン

落とし穴(階段)

柱だらけ(XXX)

休憩タイム


平面だった家が立体物になって目の前に現れました!

順調に進めば9月頃オープンハウスができるかと思います。それまではブログでお楽しみくださいね。


  ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111